現場レポート

宇都宮市 外壁塗装 下地調整 クラック補修 無料見積もり

2019.10.28

栃木県宇都宮市にて外壁塗装の下地調整として外壁のクラック補修を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では高圧洗浄工事に続いて行う作業になります。
 
外壁塗装の下地調整では外壁の仕様がサイディングの場合にはクラックの補修と同時にジョイントの打ち換え作業も行われることがよくあります。
 
ジョイントのコーキング打ち換えの場合にはジョイントのラインが出ていても不思議ではありませんがクラックの補修跡が残ってしまうのはあまり綺麗なおさまりとは言えませんね。
 
クラックの形状はひとつひとつ違いますが一直線にクラックが入ることはほとんどありません。
 
クラック補修を行っても曲がった補修跡が残ってしまいます。
 
通常の下塗り工事ではクラックの補修跡を消すほどのカバー力はありませんので最終的な仕上げ後にもすぐに補修個所が分かってしまいます。
 
こちらのお施主様宅のように既存の外壁の仕上げが吹付タイル仕上げの場合にはクラックの補修をした後で吹き付けタイルの柄を付けることで最終的な塗装後には補修跡を探すのは難しいほどカバーすることが可能になります。
 
しかしサイディングなどの柄や模様がある場所でのクラックでは補修跡を隠すことは難しくなってしまうので注意が必要ですね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る