現場レポート

鹿沼市 外壁塗装 付帯塗装 鼻隠し 無料見積もり

2019.10.30

栃木県鹿沼市にて外壁塗装の上塗り工事として付帯部分の塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程ではサイディングなどの外壁の塗装が完成してから行う作業になります。
 
付帯部分の塗装は建物や屋根の形状によって塗装する部位や範囲が異なりますので事前にしっかりと把握しておくことが重要なポイントになりますね。
 
破風や鼻隠しなどの塗装を行う際には刷毛による塗装の他にもミニローラーを使用することが最近ではよくあります。
 
外壁塗装に使用するローラーは6インチや4インチのサイズが一般的ですがさらに小さなミニローラーは付帯部分を塗装するのに重宝する道具になっています。
 
サイズが小さいので狭い隙間にも滑り込ませることも可能になっています。
 
鼻隠しと軒樋の隙間などはかなり狭い場所もあるので奥まで塗り込むのが難しいのですが小さな刷毛とミニローラーを使用することで綺麗に塗装することができるのでおすすめですね。
 
付帯部分の塗装はサッシの色に合わせて施工することが多いので黒や茶系にすることがよくありますがサイディングなどの外壁よりも濃くなることが多いので塗料の飛散には十分に注意が必要になりますね。
 
飛散してしまった塗料は手直しで補修することはできますが塗料の1滴1滴を探すのは大変な作業になるのでできる限り飛散しない方法を考えることが大事ですね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る