現場レポート

栃木県下野市 外壁塗装 下塗り シーラー 無料見積もり

2019.12.9

栃木県下野市にて外壁塗装の下塗り工事として、シーラー塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、下地調整や養生工事に続いて行う作業になります。
 
こちらのお施主様宅の様に、軒天が無い場合には養生工事や下地調整に続いて行うことができます。
 
しかし、一般的には軒天の塗装を行ってからサイディングなどの外壁の塗装へと移っていくことがよくあります。
 
シーラー塗装は塗料が垂れやすいこともあるので、作業には細心の注意が必要になりますね。
 
シーラー自体がシャバシャバの塗料なので、養生をしてあっても油断はできません。
 
マスカーなどのテープの隙間から入り込んでしまうことも少なくありません。
 
マスカーと紙テープを併用するなどの工夫も、シーラー塗装を行う際には必要になりますね。
 
一般的にシーラー塗装は、無色もしくは乳白色の塗料になるので既存のサイディングと変わらない仕上がりになります。
 
シーラーを塗ることで、既存のサイディングと中塗り以降の塗料の密着性を上げる効果を期待しています。
 
塗装後の状態は艶が戻ったような表面になりますが、それだけでは汚れを集めてしまいやすい状態なので注意が必要ですね。
 
下塗り工事で使用する塗料にはシーラーの他にも、微弾性フィラーなどがありますが建物の状況や使用する塗料に合わせて選択することが必要ですね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る