現場レポート

栃木県宇都宮市 屋根塗装 上塗り スレート屋根 無料見積もり

2020.3.16

栃木県宇都宮市にて屋根塗装の上塗り工事を行ってきました。
 
屋根塗装との工程では、最終の仕上げ工事になります。
 
屋根塗装は基本的に中塗りと同じ塗料を2度塗りします。
 
上塗りと中塗りが同じになるので、中塗りの工程から細かな部分へのダメ込みがポイントになりますね。
 
ローラーだけでは入り込まない細かな部分へは、刷毛を使用して処理を行っていきます。
 
刷毛によるダメ込みが綺麗にできていると、最終的な仕上がりも綺麗に納められますね。
 
特に屋根塗装は、作業中の目線とお施主様からの目線が異なります。
 
下からのぞき込むように作業を進めることで、下から見上げた時の塗り残しを減らすことにも繋がりますね。
 
職人は経験の中で、塗り残しが起きてしまいそうな場所を把握しています。
 
リスクの高い場所は、入念にダメ込みを行ったり、下から覗いてみたりしながら作業しています。
 
それでも実際にしたから見上げた時とは、見え方が違うので注意が必要ですね。
 
最終的に手直しができる外壁と違って、屋根塗装では上塗りの完成後に手直しをすることが難しくなります。
 
上塗りの塗膜を保護することも大事なので、塗り残しが起こらないように作業することが求められています。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る