現場レポート

栃木県真岡市 外壁塗装 仮設足場 組み立て 無料見積もり

2020.3.17

栃木県真岡市にて外壁塗装の仮設足場工事を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、1番最初に行う工事が仮設足場の組み立てになりますね。
 
仮設足場の組み立てには、専門の講習を受けた職人が行う必要があります。
 
足場組立の講習は、2日間の講義を受ける必要があります。
 
塗装業者でも仮設足場の講習は受けることが多くなっていますね。
 
塗装作業を行う上でも、作業のしやすさを大きく左右するが仮設足場の出来です。
 
仮設足場は大型のトラックで大量の資材を運んでくる必要があります。
 
外壁塗装の始めの作業になるので、お施主様はもちろんですが近隣の方への配慮も欠かせませんね。
 
戸建て住宅の仮設足場で使用されるのは、クサビ形の足場が多く普及しています。
 
クサビ形の足場は、組み立てや解体時にハンマーを使用するので、作業中は大きな音が出てしまいます。
 
金属を叩く音がでるので、時間帯や曜日にも注意が必要ですね。
 
仮設足場の組み立てを行う際には、飛散防止ネットも同時に張っていきます。
 
飛散防止ネットは、塗り替え時に発生する塗料の飛散や道具の落下を防ぐためにも重宝しますね。
 
仮設足場の組み立て後に行う、高圧洗浄工事でも飛散防止ネットは必要になりますよ。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る