現場レポート

栃木県宇都宮市 外壁塗装 上塗り 3工程 サイディング

2020.5.4

栃木県宇都宮市にて外壁塗装の上塗り工事を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、中塗り工事に続いて行う作業になりますね。
 
サイディングなどの外壁の塗装は、基本的に3工程で塗装を行っています。
 
シーラーなどの下塗り工事に続いて、上塗りの塗料を使った中塗り、最終的な上塗りの3工程になっています。
 
一般的には中塗りと上塗りで使用する塗料は同じになりますね。
 
同じ塗料の同じ色を塗装することで、耐久性の高い塗膜を形成することが可能になりますよ。
 
サイディングの上塗り工事は、外壁部分の最終的な仕上げ工事になります。
 
サイディングの柄や模様によっては、塗料が入りにくいケースも少なくありません。
 
塗り残しが起こらない様に、しっかりとチェックしながら塗装を行う必要がありますね。
 
サイディングの柄に多いタイル調は、縦と横に目地があるので注意が必要です。
 
上下左右のあらゆる角度からのぞき込むことで、塗り残しを防ぐことが可能になります。
 
特に仮設足場の上下になる部分では、塗り残しが起こりやすいので集中して作業をしていきます。
 
建物の1面ずつを仕上げていくことで、最終的な塗り斑を防ぐことにも繋がりますよ。
 
外壁塗装についてはこちら→カラーシミュレーションについて
 
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る