現場レポート

栃木県小山市 外壁塗装 仮設足場工事 組み立て 挨拶周り

2020.4.29

栃木県小山市にて外壁塗装の仮設足場工事を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、1番最初の工事として段取りされている作業になりますね。
 
1番最初に行うので、お施主様はもちろんですが近隣の方への配慮も欠かせません。
 
工事期間中は近隣の方にも、迷惑にならないように注意して作業することが大事ですね。
 
外壁塗装では、作業中に大きな音が発生することは限られています。
 
今回行っている仮設足場の組み立てや解体では、大きな音が発生するので注意して作業したいですね。
 
現在使用されている仮設足場は、金属製のクサビ形足場が一般的です。
 
住宅の仮設足場では、ほとんどのケースで使用されていますね。
 
施工が簡単でハンマー以外の道具も必要ないので、作業の効率も上がりますよ。
 
しかし金属製の資材をハンマーで叩いて作業するので、作業中は大きな音が出てしまいます。
 
外壁塗装の工事前には、必ずあいさつ回りを行って作業内容を説明しておくことも必要ですね。
 
また作業中は、職人同士の掛け声も大きくなってしまいます。
 
高所での作業や重たい資材を使っているので、安全のためにもしっかりとコミュニケーションをとる必要がありますね。
 
足場についてはこちら→まとめてお得な足場について
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る