現場レポート

栃木県下野市 外壁塗装 下地調整 コーキング ひび割れ クラック

2020.5.11

栃木県下野市にて外壁塗装の下地調整として、コーキング処理を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、高圧洗浄工事に続いて行う作業になりますね。
 
高圧洗浄工事を行った当日には、その他の作業を行うことができません。
 
建物全体をしっかりと乾燥させてから、次の作業に移っていく必要がありますね。
 
下地調整で行うコーキング処理は、ひび割れやクラックの補修とジョイント部分の打ち換えに大きく分かれます。
 
ひび割れやクラックの補修では、ひび割れの大きさや深さなどから、重大な欠陥につながるヒビ割れかの判断が必要になります。
 
構造的な問題が原因になっているひび割れの場合には、専門の補修業者に依頼するケースもありますよ。
 
しかし、その場合には工期の大幅な変更と費用の負担が大きくなります。
 
一般的には、軽微なひび割れに対応することが多いので、通常のコーキング処理で対応可能です。
 
外壁がサイディングの場合には、ジョイント部分の打ち換えが必要になります。
 
既存のコーキングは経年劣化によって、ひび割れや剥がれが起こってしまいます。
 
既存のコーキングをすべて撤去することが大事ですが、建物全体のコーキング撤去はかなりの時間と手間が必要になりますね。
 
 
下地調整についてはこちら→コーキングについて
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る