現場レポート

栃木県小山市 外壁塗装 養生工事 マスカー テープ種類

2020.5.6

栃木県小山市にて外壁塗装の養生工事を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、下地調整に続いて行う作業になりますね。
 
下地調整で行うコーキング処理と養生工事は、施工場所が重なってしまうので、段取りには注意が必要になりますよ。
 
一般的には、コーキング処理の乾燥を待ってから養生を行っていきます。
 
養生工事で使用する道具は、マスカーやテープになりますね。
 
マスカーはテープとビニールが一体となった道具で、養生工事の効率を大きく上げてくれますよ。
 
テープとビニールのそれぞれを使って養生することもできますが、効率が悪くなってしまうので、マスカーを使用するケースがほとんどです。
 
マスカーの種類はさまざまで、職人の好みによって選ばれていることもあります。
 
外壁塗装の現場を繰り返し行うことで、最適な道具の選択をすることになりますね。
 
養生は、塗料の飛散からサッシなどの塗装予定の無い部分を保護する目的があります。
 
その他にも、最終的な仕上げのラインにも併用されていますね。
 
外壁塗装の仕上がりの良さは、最終的に養生をばらした際の綺麗さにも影響されます。
 
マスカーやテープの中でも、粘着力やはがした際の綺麗さも選択の理由になりますね。
 
塗装工事についてはこちら→施工の流れについて
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る