現場レポート

栃木県小山市 外壁塗装 上塗り 雨戸 戸袋 波型

2020.5.20

栃木県小山市にて外壁塗装の上塗り工事として、雨戸の塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、最終的な段取りに組まれていることが多いのが、雨戸や戸袋の塗装になりますね。
 
雨戸や戸袋は、最近の新築住宅では採用されることが少ない設備品です。
 
雨戸や戸袋の役割は、台風などの強風から窓ガラスを保護する役割があります。
 
さらに防犯面でも効果が期待できますね。
 
しかし、新しい建物では雨戸や戸袋の代わりにシャッターが採用されています。
 
建物に使用されるシャッターは基本的にアルミ製なので、塗り替えが必要ありません。
 
しかし、シャッターを収納するボックスは、樹脂製のことが一般的です。
 
その為、日当たりがいい場所に設置されたシャッターの場合には、ボックスの劣化が激しくなることがありますね。
 
塗り替えの際には、シャッターボックスだけ塗り替えをすることもよくありますね。
 
一方で、塗り替えを行う建物では、まだまだ雨戸や戸袋を採用している建物が多くあります。
 
雨戸は波型の形状をしているので、面積に比べて時間も手間も必要な塗装場所になりますね。
 
効率と仕上がりの良さを求めて、ミニローラーや吹き付け塗装などさまざまな工夫が行われていますよ。
 
塗装工事についてはこちら→施工の流れについて
 
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る