現場レポート

栃木県下野市 外壁塗装 仮設足場 組み立て 飛散防止 ネット

2020.5.25

栃木県下野市にて外壁塗装の仮設足場工事を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、1番最初に行う工事が仮設足場の組み立てになりますね。
 
仮設足場の組み立てには、専門の講習を受講する必要があります。
 
足場工事にかかわる職人全員が、受講していることが重要です。
 
一般的には仮設足場工事は、専門業者に依頼されることが多い工事になります。
 
しかし、住宅の塗り替え現場では、塗装業者が自社で仮設足場工事まで受けているケースも少なくありません。
 
外注せずに自社で施工することで、お施主様の負担を少しでも和らげることに繋がりますよ。
 
仮設足場の役割は、屋根や2階部分などの届かない場所での塗装作業を補助することです。
 
実際には、作業床の上で塗装を行うことになるので、安定した高さでの作業が求められています。
 
しかし塗装作業の経験がない、足場職人が組み立てを行っていることで、塗装の効率が落ちてしまうケースもあります。
 
自社の塗装職人が仮設足場の組み立てを行うことで、塗装作業の効率も上げることに繋がりますよ。
 
単純に仮設足場にかかる費用以外にも、作業の効率によってお施主様の負担を減らすこともできますね。
 
多くの職人を抱えている場合には、自社での組み立てから解体までの負担も減らせますね。
 
足場についてはこちら→まとめてお得な足場について
 
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る