現場レポート

栃木県栃木市 外壁塗装 高圧洗浄工事 ネット チョーキング

2020.5.26

栃木県栃木市にて外壁塗装の高圧洗浄工事を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、仮設足場の組み立てに続いて行う作業になりますね。
 
仮設足場の組み立てが完成すると、飛散防止ネットで建物全体を囲っていきます。
 
飛散防止ネットの本来の役割は、塗装作業中の塗料の飛散を抑える物です。
 
さらに作業中の道具の落下などにも、対応することができますね。
 
しかし、高圧洗浄を行う際にも飛散防止ネットが重宝します。
 
高圧洗浄では、経年劣化したサイディングなどを高圧で洗浄することで、汚れた水が跳ね返ってきます。
 
塗り替えが必要な建物の場合には、サイディングの塗膜はチョーキングを起こしていることが多くなります。
 
チョーキングしたサイディングは、高圧洗浄の水圧で劣化した塗膜ごと洗い流されています。
 
流れてくる水は、濁って汚れた水になるので、周辺への飛散には注意が必要になりますね。
 
飛散防止ネットが張られていることで、周囲への飛散を気にすることなく作業を進められるメリットがありますよ。
 
高圧洗浄では、その後の作業に向けてしっかりとほこりの除去を行っておくことが大事です。
 
特にサッシの天端には、ほこりが溜まりやすいので、しっかりと洗い流すことで養生を密着させることが可能になりますよ。
 
高圧洗浄工事についてはこちら→塗装前の下地処理について
 
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る