現場レポート

栃木県鹿沼市 外壁塗装 下地調整 コーキング 耐久性

2020.5.27

栃木県鹿沼市にて外壁塗装の下地調整として、コーキング処理を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、高圧洗浄工事に続いて行う作業になりますね。
 
下地調整で行うコーキング処理には、大きくわけて2つの作業があります。
 
ひとつ目は、サイディングなどの外壁に発生しているひび割れやクラックの補修作業です。
 
補修作業を行う上で、重要なポイントはクラックの大きさから重大な欠陥につながる可能性を発見することです。
 
軽微なクラックの場合には、通常のコーキング処理でも対応することができます。
 
しかし、大きさや深さなどからクラックが構造上の問題からきている場合には、しっかりと対応しておく必要がありますね。
 
もうひとつの作業は、サイディングのジョイント部分の打ち換え工事になります。
 
基本的にコーキングは経年劣化によって傷んでいきます。
 
その為、劣化したコーキングは撤去して新しく打ち換えることが推奨されています。
 
硬化してしまったコーキングは、ひび割れや剥がれの原因に繋がっていきます。
 
またコーキングの種類によっては、耐久性の低い種類もあるので注意が必要ですね。
 
塗料のグレードを上げても、下地に使用されているコーキングの耐久性が低いと、塗料本来の性能を発揮できないことにもなりかねませんよ。
 

下地調整についてはこちら→コーキングについて
 
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る