現場レポート

栃木県真岡市 外壁塗装 上塗り 付帯 雨どい

2020.5.19

栃木県真岡市にて外壁塗装の上塗り工事として、雨どいの塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、破風や鼻隠しなどの付帯部分と一緒に施工することが多い場所になりますね。
 
雨どいの塗装には、大きく2つの塗装場所があります。
 
ひとつは屋根まわりに設置された軒樋の塗装になります。
 
軒樋は基本的に鼻隠しとセットで施工されています。
 
破風や鼻隠しと同色の仕上げにする場合には、同時に施工することで効率よく作業することも可能になりますね。
 
しかし、鼻隠しと軒樋の色を変える場合も少なくありません。
 
その場合には、同じ塗装面積ですが時間と手間は大きく異なります。
 
軒樋の設置方法によっては、一度取り外しが必要なケースもありますね。
 
軒樋の脱着が必要な場合には、費用は大きく増えてしまうので注意が必要です。
 
また固定金具がプラスチックの場合には、脱着ができないケースもあります。
 
固定金具を新設しないといけない場合には、さらに費用が増えてしまうことにも繋がりますね。
 
ふたつ目は、サイディングに固定された竪樋の塗装です。
 
サイディングとの距離が近いので、塗料の飛散が起こりやすくなってしまいます。
 
雨どいの塗装では、事前に確認することやチェックすることが多いので注意が必要になりますね。
 

外壁塗装についてはこちら→カラーシミュレーションについて
 
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る