現場レポート

栃木県宇都宮市 外壁塗装 上塗り 付帯 破風

2020.5.18

栃木県宇都宮市にて外壁塗装の上塗り工事として、付帯部分の塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、サイディングなどの外壁の上塗り工事が完成してから行うことになりますね。
 
付帯部分の中には、屋根まわりに設置された破風や鼻隠しの他にも、雨どいや雨戸などさまざまな塗装場所があります。
 
今回は、付帯部分の中でも破風や鼻隠しの塗装を行ってきました。
 
一般的な塗り替えでは、破風や鼻隠しの素材によって使用する塗料を変更しています。
 
建物の年代によって、破風や鼻隠しの素材は大きく異なります。
 
古い建物では、木材を使用して破風や鼻隠しを施工していることも少なくありません。
 
木材は、外部で使用されることで劣化が進みやすくなります。
 
防腐処理などの塗装を行っていても、サイディングなどの外壁に比べると劣化が早くなってしまいますね。
 
破風や鼻隠しの塗り替えのために、仮設足場をかけて作業することは少ないので、メンテナンスが遅れてしまうことになります。
 
木材のメンテナンスが遅れてしまうと、塗り替えでは対応できないこともよくあります。
 
傷みが進んでしまった場合には、一部または全部の取り換えが必要になることもあります。
 
その他にも板金巻きなどの、追加工事が必要になることもあるので注意してくださいね。
 
外壁塗装についてはこちら→選べる塗料について
 
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る