現場レポート

栃木県鹿沼市 屋根塗装 上塗り カラーベスト 塗り残し

2020.6.10

栃木県鹿沼市にて屋根塗装の上塗り工事を行ってきました。
 
屋根塗装の工程では、最終的な仕上げ工事として段取りされています。
 
屋根塗装が必要なケースは、屋根材の種類によって異なります。
 
一般的には、カラーベストやコロニアルと言ったスレート屋根と金属屋根には塗り替えが必要です。
 
スレート屋根の場合には、上塗り工事で塗り残しが起こりやすくなる点があるので注意が必要ですね。
 
スレート屋根の上塗り工事では、屋根材同士のジョイントや上下の重なり部分に注意が必要です。
 
塗装作業中は屋根を上から見下ろす形で作業しています。
 
しかし、実際の生活では屋根は見上げる形になります。
 
塗装作業中は常に下からの目線に気を付けて作業することが大事ですね。
 
スレート屋根の塗装では、刷毛とローラーを併用して作業を進めていきます。
 
刷毛によるダメ込みを行うことで、塗り残しを減らすことが可能になりますね。
 
さらにスレート屋根の場合には、上塗り工事後に縁切り作業を行うことも大事です。
 
スレート屋根の塗り替え後に起こる雨漏りへの対策として、縁切り作業はとても重要なポイントになりますね。
 
縁切り作業の方法は、専用の金具を使った方法もあるので工事の前に相談してくださいね。
 
屋根塗装についてはこちら→屋根塗装について
 
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る