現場レポート

栃木県栃木市 屋根塗装 下塗り シーラー塗装 スレート屋根

2020.6.9

栃木県栃木市にて屋根塗装の下塗り工事として、シーラー塗装を行ってきました。
 
屋根塗装の工程では、高圧洗浄工事に続いて行う作業になりますね。
 
高圧洗浄で蓄積した汚れやほこりを取り除くことが大事なポイントになります。
 
下塗り工事に移る前には、高圧洗浄で取り切れなかった汚れの撤去も必要になりますね。
 
コケや藻が残ってしまうと、新しく塗装した塗膜が剥がれやすくなってしまうので注意が必要ですね。
 
下塗りに使用する塗料は、屋根材によって異なります。
 
カラーベストやコロニアルと言ったスレート屋根の場合には、下塗り工事にシーラー塗装を行うことが一般的です。
 
トタン屋根などの金属屋根の場合には、錆止め塗装を行っていきます。
 
シーラー塗装の工程は、基本的に1回塗りです。
 
しかし、下地の状態によっては2回、3回と繰り返し塗装することもありますよ。
 
シーラー塗装では、既存の屋根材と新しい塗料の密着をよくする目的があります。
 
さらに屋根全体を均一な状態に整える役割も担っていますよ。
 
スレート屋根の塗り替えでは、下塗り工事の段階で均一な状態に整えておくことで、中塗り以降の仕上がりにも影響が出ます。
 
最終的な仕上がりにも大きな影響があるので、下塗り工事後に行う判断が重要になりますね。
 
屋根塗装についてはこちら→選べる塗料について
 
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る