現場レポート

栃木県河内郡上三川町 M様邸 外壁塗装 下地処理 手順

2020.11.8

栃木県河内郡上三川町のM様邸にて、外壁塗装のご報告です!

 

外壁塗装は、ただ古い外壁の上に新しい塗料を塗るだけ、と思われる事が多いです。

しかし、外壁塗装は下地処理で仕上がりの8割が決まると言われています。

入念な下地処理を行ってから塗装に入ります。

 

今回行った下地処理は以下の手順です。

1.高圧洗浄で、外壁に付着した不純物を落とす(下地と塗料の密着性を高める為)

2.養生(塗装しない部分に塗料が付かないよう保護)

3.劣化補修(ひび割れなどの補修)

4.ケレン作業(鉄部のサビや旧塗膜を落とす。下地に塗料が食いつくよう調整する)

 

これらのどれか1つでも行わないまま塗装をすると、

せっかく塗装をしても塗膜がすぐに剥がれてしまいます。

美しく、長持ちしてくれるよう努力は惜しみません。

こちらの「塗装前の下地処理」のページでも詳しくご紹介しています。

 

塗装は下塗り→中塗り→上塗りの3度塗りで行いました。

下塗りは、下地と仕上げ塗料と仕上げ塗料(中塗りと上塗り)の接着力を高める為の接着剤のような役割で塗装します。

こちらの「外壁塗装の下塗り・中塗り・上塗りの役割とは?」のページでもご案内しています。

 

栃木県河内郡上三川町 M様邸 外壁塗装 下地処理 手順 (2)

 

栃木県河内郡上三川町 M様邸 外壁塗装 下地処理 手順 (1)

 

ローラーで重ね塗りをする事で、均一な厚みの美しい仕上がりになりました!

 

−N−

 

栃木県上三川町、宇都宮市、下野市、真岡市、小山市、古河市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホーム・ビューティーへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る