現場レポート

宇都宮市 外壁塗装工事 コーキング補修・付帯部塗装 S様邸

2021.8.1

今回は全回に引き続き、宇都宮市のS様邸より

外壁塗装工事について紹介致します。

 

前回は、塗装前の状況と外壁塗装について紹介させていただき、

今回はコーキングの補修と付帯部の塗装について紹介致します。

 

まずはコーキングです。

コーキング部分は肉痩せとひび割れ、状態が酷いところでは破断(真ん中が割れて二つになっている状態)になっておりました。

コーキングの工法は打ち増しと打ち替えがあるのですが、上記の状態では打ち増しでは十分な効果が得られないため、打ち替えを行います。

打ち替えは古いコーキングを工具などで取り外し、新しいものを打ち込むというものです。

 

次に付帯部の塗装です。

付帯部分塗装

主には雨樋・窓枠の塗装になります。

雨樋はひび割れ程度の劣化であれば塗装で補修することができますが、割れている場合などは塗装では補修できないため取り換えになります。

今回のS様邸は重度な劣化は見られませんでしたが、やはり外壁などを塗装して雨樋を塗装していないとなると、せっかく綺麗な外壁になったのに美観を損なってしまいますので、同時に塗装を行いました。

 

今回の紹介は以上です。

本記事ではコーキングと付帯工事について紹介致しました。

外壁塗装と一緒に依頼いただければ、お安く補修できる場合もございます。

外壁塗装をお考えの際は是非ご検討ください。

“N”

お問い合わせ

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る