現場レポート

佐野市 屋根・外壁塗装工事 玄関ポーチ 屋根 下地処理〜下塗り

2021.10.13

本日の現場レポートは玄関ポーチの塗装作業をご紹介いたします。

こちらの現場は玄関前に屋根が設けられていました。

 

この屋根は鉄製のもので、状態を点検して見ますと一部錆が出ているもののそこまで下地は痛んでいませんでした。

 

塗装の劣化はありますが、このタイミングで塗装をしておけば問題ありません。

塗装が劣化し、下地まで痛んでしまうと鉄の場合は錆が出てしまいますので、注意が必要です。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

塗装をする前にまず屋根パネルを取り外しておきます。

パッキンなどの劣化が進んでいなければ既存復旧することができますので、屋根パネルを新しくする必要はなく、材料費もかかることはありません。

 

パッキンやパネルの損傷が激しいと復旧した際に水漏れやパネルの割れが生じる可能性があります。

状態によっては既存復旧ができない可能性がありますので、復旧が可能か一度専門業者に状態を見てもらうことをお勧めします。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

玄関ポーチ屋根のケレンの画像

 

屋根を取り外した後は下地処理のケレンを行います。

ケレンは旧塗膜の除去と塗布面を整えます。

こうすることで塗料の密着性を高め、塗装の耐久性を上げることができます。

 

下地処理の詳しいことについてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

玄関ポーチ屋根の下塗りの画像

 

次は下塗りです。

下塗り剤には錆止めを塗布しました。

 

垂木と桁の継ぎ目には若干錆があります。

これくらいの錆なら問題ありませんが、さらに錆が進むと強度が落ちてきてしまいます。

 

錆が出ると周りに広がっていきますので、ちゃんと塗装をして保護することが大切です。

錆がひどくなると朽ちてしまい、補修が困難になります。

 

溶接工事などの補修が必要になり、工事代も嵩んでしまいますので、なるべく錆が広がる前にメンテナンスすることが望ましいです。

 

それでは下塗りが完了したら次は上塗りを行いますが、今回の現場レポートはここまでです。

続きは次回の現場レポートでお伝えいたしますので楽しみにしていてください。

 

塗装工事をご検討している方はこちらの「皆様から選ばれる理由」もぜひご覧ください。

“mu”

 

栃木県上三川町、宇都宮市、下野市、真岡市、小山市、古河市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホーム・ビューティーへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る