現場レポート

栃木県真岡市 外壁の吹き付け塗装 新規パターン付け 外壁の模様の種類

2022.5.13

栃木県真岡市の現場にて外壁の吹き付け塗装を行いました。

劣化が進むと外壁の模様が壊れてしまうことがあります。

 

下地から塗装が剥がれている場合は新たに模様を作らないといけないため、このようなケースで吹き付け塗装をします。

 

それでは吹き付け塗装の新規パターン付けについてお伝えしていきます!

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

【外壁の吹き付け塗装 新規パターン付け】

栃木県真岡市 外壁の吹き付け塗装 新規パターン付け 外壁の模様の種類

 

吹き付け塗装とはスプレーガンを使って塗装する方法です。

塗料カップに塗料を入れて空気の力で霧状に吹き付けて塗装をします。

 

均一に塗装ができる特徴があり、塗料の量や空気量を調節して塗装範囲を広げることができるため、雨戸など塗装面積が大きいところも効率良く塗装することができます。

 

栃木県真岡市 外壁の吹き付け塗装 新規パターン付け 外壁の模様の種類

 

また、外壁に模様をつけることもできます。

吹き付け塗装をするときはローラーや刷毛で塗装をするよりも塗料が飛散するためまわりを養生しておきます。

 

養生についてはこちらの「外壁塗装で知っておきたい養生とは?」をご覧ください。

 

【外壁の模様の種類】

モルタル外壁は以下の模様があります。

 

・リシン

・スタッコ

・吹き付けタイル

・タイル吹き押さえ

・マスチックローラー仕上げ

 

塗装工事では既存の模様に合わせて塗装するのが一般的です。

部分的に模様が壊れてしまっているときは既存に合わせて新たに作っていきます。

 

模様の補修が必要になるとその分の工程が増えてコストがかかりますので、なるべく被害が広がる前にメンテナンスをしましょう。

 

劣化を放置してしまうリスクについてはこちらの「外壁や屋根の塗装は必要?劣化したままにするリスク」をご覧ください。

 

“mu”

 

栃木県上三川町、宇都宮市、下野市、真岡市、小山市、古河市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホーム・ビューティーへお気軽にご相談ください。

 

栃木県宇都宮市の外壁塗装・屋根塗装専門店 (株)ホーム・ビューティー

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る