ブログ

外壁や屋根の塗装は必要?劣化したままにするリスク

2022.4.15

 

「建物の汚れが目立てきたなぁ。でも見た目を気にしなければいいか!」

なんてことをお考えの方はいらっしゃいますか?

 

まずは、結論から申し上げますと屋根や外壁の塗装は定期的に行う必要があり、もし傷んでいる状態をそのままにすると余計に被害が広がり、工事代も高くついてしまいます。

 

でも、塗装が必要と言われてもなんで必要なのかわからないですよね。

そこで今回は外壁や屋根の塗装の必要性などを解説していきたいと思いますので、これから塗装工事を考えている方は、ぜひご参考にしてください!

 

【塗装は本当にした方がいいの?必要な理由】

建物の画像

 

建物の塗装が必要な理由は以下の2つの理由があります。

 

・建物の寿命を延ばす

・美観性を保つ

 

塗装は建物の見栄えを維持するためだけに見えますが、実際には美観性を保つだけでなく、建物を風雨から守り、寿命を延ばす役割もあります。

 

塗装が風雨から建物を守る、というのはイメージがつきにくいかもしれません。

通常、建物に用いる塗料は樹脂が配合されており、塗装後に硬化して膜を張ります。

 

外壁や屋根に密着した塗膜は、撥水効果や汚れがつきにくくなる効果などがあり、建物の性能や外観を保持することができます。

 

そして風雨や汚れから守る塗膜は年数が経つにつれて劣化し、性能が落ちてきますから、定期的に塗り替えが必要ということです。

 

【塗装をしないとどうなる?】

塗装 宇都宮

 

塗装をする必要性についてお伝えしましたが、次は塗装をしないでいるとどうなってしまうのかをお伝えしていきたいと思います。

 

上述しましたが、塗装は年数が経つにつれて劣化してきます。

 

塗装が劣化してくるとどうなるかというと以下のこと被害を受ける可能性があります。

 

【塗装が劣化したままにしておくと受ける被害】

・水が染み込んでくる

・水が染み込むと劣化を早め、損傷、腐食、錆などの被害を受ける

・構造体の腐食で耐震性が低下する

・水に濡れた木材があるとシロアリを寄せ付ける

・雨漏りを引き起こす

・建物の寿命が縮む

 

もし、上記で挙げた被害を受けてしまうと修理するにも工事規模が大きくなりコストがかかってしまいます。

塗装を劣化したままにするということは建物の状態を悪くさせるだけでなく、今後も安心して建物を使っていくために必要なメンテナンスコストを上げてしまうということにもなります。

 

建物の維持とメンテナンスコストを抑えるという理由からも塗装を劣化したままにせずに、定期的に塗装を行なっていくことが大切です。

 

雨漏りについてはこちらの「雨漏りは建物の寿命を縮めてしまう?放置するリスクと対策を解説」をご覧ください。

 

【塗装が必要な外壁材と屋根材】

屋根塗装の画像

 

建物を維持するには塗装は必須です。

しかし、すべての外壁材や屋根材に塗装が必要というわけではありません。

以下に塗装が必要な外壁材と屋根材を書きましたのでご覧ください。

 

【塗装が必要な屋根材】

・スレート

・セメント瓦

・※モニエル瓦

・※金属屋根

 

スレートやセメント瓦はセメントを主材とし、表面を塗装で防水しております。

セメントは水を吸う性質がありますので、塗装が劣化すると水が染み込んできて劣化を早めてしまいます。

 

※印をつけた屋根材の塗装は少し注意することがあります。

モニエル瓦もセメント瓦の一種ですが、塗装方法は通常のやり方ではなく、モニエル瓦に適した方法で施工する必要があります。

 

モニエル瓦はスラリー層というのがあり、下地処理や下塗りがモニエル瓦に適した方法で行われていないと塗装がうまく密着してくれません。

 

スラリー層を除去し、モニエル瓦用の下塗り剤で密着性を高める必要がありますので、塗装をする際はモニエル瓦の塗装実績のある業者に依頼しましょう。

 

モニエル瓦についてはこちらの「栃木県下野市 モニエル瓦の塗装 下塗り」もご参考にしてください。

 

金属屋根の場合は用いられている金属の種類によります。

現在主流のガルバリウム鋼板は耐久性が高く、褪色しにくい金属です。

 

ガルバリウム鋼板は塗装の密着性が悪いため、適切な下地処理や下塗りが必要です。

 

モニエル瓦と同様に塗装実績のある業者に依頼しましょう。

 

屋根のメンテナンスについてはこちらの「屋根のメンテナンスはどんな方法がある?状態に合わせて適切な修理を!」もご参考にしてください。

 

【塗装が必要な外壁材】

・窯業系サイディング

・モルタル

・ALC

・木質系サイディング

・※金属サイディング

・※タイル

 

窯業系サイディングとモルタルはセメントを原料としておりますので、塗装が劣化すると水を吸い込み劣化を早める原因になります。

 

ALCは軽量気泡コンクリートとも呼ばれて、こちらも塗装で防水がされています。

また、サイディングとALCは外壁に目地を設けてあり、そこにコーキングが打たれています。

 

塗装工事と作業が重なるところですので、塗装を行う際は一緒に目地コーキングの打ち替えもご検討ください。

 

コーキング工事についてはこちらの「コーキングとは?外壁塗装と一緒にメンテナンスをしよう!」をご覧ください。

 

金属サイディングは先ほどの屋根材同様にガルバリウム鋼板のサイディングだけは塗装が特殊になりますのでご注意ください。

トタンなどの場合は通常の塗装で大丈夫です。

 

タイルは耐久性が高く、基本的に塗装をする必要がありません。(ただし、剥落などの劣化がありますので、メンテナンスは必要です)

 

しかし、美観保持や剥落抑制に効果のあるタイル用の塗料がありますので、性能向上を図りたい方はぜひご検討ください。

 

塗料についてはこちらから

 

【塗装のタイミングを見逃さない!塗り替えのサイン】

チョーキングの画像

 

ここまで塗装の必要性についてお伝えしてきました。

塗装のタイミングはこれまでの年数と劣化症状が目安になります。

 

一般的に塗装は10年周期で行いますので、この年数を目安に塗り替えをご検討ください。

また、塗装は劣化症状がでている場合も塗り替えのサインとなります。

 

塗装が劣化すると以下の症状がでてきます。

 

【塗装の劣化症状】

・チョーキング

・外壁塗装の剥がれ

・ひび割れ

・コケ、カビの発生

・鉄部の錆び

・木部の腐食

など

 

他にも塗り替えが必要な劣化症状があります。

塗装のタイミングを逃さないためにも定期的に専門業者に建物を見てもらうことをおすすめします。

当社も無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

“mu”

 

栃木県上三川町、宇都宮市、下野市、真岡市、小山市、古河市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホーム・ビューティーへお気軽にご相談ください。

 

栃木県宇都宮市の外壁塗装・屋根塗装専門店 (株)ホーム・ビューティー

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る