現場レポート

栃木県真岡市 鉄部 水切りの塗装 ちょっとした部材もアクセントに

2022.5.21

栃木県真岡市の外壁塗装現場にて、鉄部の水切りの塗装を行いました。

水切りは外壁の下部に取り付けられている金属製の部材です。

 

普段意識して見る場所ではないかもしれませんが、色褪せていると塗装した時との違いが出て外観も中途半端な見栄えになってしまいますから塗り残しがないように注意しましょう。

 

前回の現場レポートは雨樋の塗装をお伝えしております。

こちらも定期的にメンテナンスが必要ですから、ぜひ下のページもご覧ください。

 

「現場レポート:栃木県真岡市 付帯部 雨樋の塗装 塗装の時は補修もご一緒に」

 

【水切りとはどんな部材?】

 

水切りは上の写真の外壁下部にある黒い部材がそうです。

水切りは壁内または壁から伝う水を外側に流す役割があります。

 

水切りの下には基礎がありますから、汚れや劣化を防いでくれます。

その他にも幕板や違う種類の外壁材の取り合い部にも水切りが取り付けられています。

 

そうそう錆びてしまうことはありませんが、水切りはL型になっていて外壁の下に一部入り込んでいますから、破損には注意が必要です。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

【水切りの塗装のポイント】

 

どの塗装も下地処理が重要ですが、もしそれでも塗装の付着力が弱い場合は、プライマーなどで下塗りをしておく必要があります。

 

状態に合わせて適切な材料選定と施工方法をとることが大切です。

錆が発生している場合は錆止めを塗ることをお勧めします。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も工事で行った作業をご紹介していきますので楽しみにしていてください!

 

“mu”

 

栃木県上三川町、宇都宮市、下野市、真岡市、小山市、古河市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホーム・ビューティーへお気軽にご相談ください。

 

栃木県宇都宮市の外壁塗装・屋根塗装専門店 (株)ホーム・ビューティー

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る