現場レポート

真岡市 外壁塗装 上塗り工事 付帯塗装 無料見積もり

2019.9.2

栃木県真岡市にて外壁塗装の上塗り工事として付帯部分の塗装を行ってきました。
 
付帯部分の塗装は建物や屋根の形状によって範囲や量が大きく影響を受ける場所でもあります。
 
こちらのお施主様たくさんでは軒天が水平に施行されていますので破風の1番低い部分が三角に施行されています。
 
軒天の収まりによっても付帯部分の塗装範囲や元々の構造の収まりが変わってきてしまいます。
 
水平に施工された軒天では妻側と桁側の交点で雨漏りが起きやすいこともあるので塗装前にしっかりと確認しておくことも大事です。
 
付帯部分である破風や鼻隠しの素材も塗装を行う上で重要なポイントになりますのでしっかりと把握しておく必要があります。
 
破風や鼻隠しの多くは木材で施工されたもの、板金で巻かれたもの、樹脂製の既製品で施工されたものに分かれています。
 
外壁塗装で塗り替えが必要な素材は木材と板金ですが樹脂製の既製品を塗装することもあります。
 
木材の劣化状況によっては塗装の予定だった破風や鼻隠しに板金巻きを提案することも少なくありません。
 
外部に施工された木材は劣化しやすいので状態をよく確認して判断することが大事になります。
 
付帯部分の素材は場所や建物によって様々なので現場に合わせた工程や塗料の選定が欠かせませんね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る