現場レポート

下野市 外壁塗装 下地調整 コーキング 無料見積もり

2019.10.8

栃木県下野市にて外壁塗装の下地調整としてコーキングの打ち換え工事を行ってきました。
 
外壁塗装の現場ではほとんどの場合において必要な工程がコーキング処理作業になります。
 
高圧洗浄工事が完了した段階から既存のコーキングの撤去を行っていきますが外壁がサイディングの場合にはジョイントの数も増えてしまうので建物全体ではかなりの量の撤去を行うことになります。
 
コーキングの施工直後は柔らかくゴムのような質感をしていますが経年劣化によって徐々に硬くなっていく性質を持っています。
 
10年程度で表面のコーキングは劣化してしまいますのでひび割れや剥がれが発生してきますが日の当たらない中のコーキングにはまだ弾力性残っています。
 
撤去する際にはこの弾力性が作業を妨げる要因にもなってしまいますのでカッターなどを使ってサイディングなどとの接地面を切り離しながら作業を進めることになりますね。
 
新たに使用するコーキングの種類は大きく3種類でウレタン系、シリコン系、ネオウレタン系になります。
 
一般的にはウレタン系やネオウレタン系が使用されています。
 
コーキングの上に塗料が乗らないシリコン系のコーキングを塗り替えの際に使うことはあまりありませんので注意が必要ですね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る