現場レポート

栃木県宇都宮市 屋根塗装 下塗り シーラー 無料見積もり

2020.3.30

栃木県宇都宮市にて屋根塗装の下塗り工事として、シーラー塗装を行ってきました。
 
屋根塗装の工程では、下地調整に続いて行う作業になりますね。
 
外壁塗装の下地調整と同じように屋根塗装でも、下塗り工事前には下地調整を行うことが大事です。
 
カラーベストやコロニアルと言ったスレート屋根の場合には、ひび割れやクラックの補修を行います。
 
基本的には、防水処理剤やコーキングを使用して対応することが可能です。
 
しかしクラックが大きく、欠片がなくなってしまっている場合には、スレート屋根の差し替えも検討する必要がありますね。
 
スレート屋根は、現在でも生産されている屋根材なので、差し替えを行うことができます。
 
しかし、施工当時と同じものが販売されているかはわかりません。
 
屋根業者の在庫から探してもらうことになるかもしれませんね。
 
スレート屋根の下塗り工事では、下地調整と合わせて屋根全体を整える役割を担っています。
 
スレート屋根は経年劣化によって、吸い込みがムラが発生することがあるので注意が必要ですね。
 
中塗り工事に移る前に、屋根全体を均一な状態に整えることも大事なポイントになりますよ。
 
1回の塗装で完全に整わない場合には、再度下塗りを繰り返すことも必要ですね。
 
屋根塗装についてはこちら→屋根塗装について
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る