現場レポート

栃木県下野市 外壁塗装 下地調整 コーキング 種類

2020.6.22

栃木県下野市にて外壁塗装の下地調整として、コーキング処理を行ってきました。

外壁塗装の工程では、高圧洗浄工事に続いて行う作業になりますね。

高圧洗浄を行った後で建物が乾燥するまでに、下地調整を行っておくことでその後の作業がスムーズに進められますね。

下地調整で使用するコーキングには、さまざまな種類があります。

外壁塗装の現場で使用するコーキングは、ウレタン系のコーキングが適していますね。

ウレタン系のコーキングは、コーキングの上に塗装をすることが可能です。

コーキングの上に塗装を行うことで、コーキングの劣化保護にも役立ちますよ。

一般的なホームセンターでも購入できるコーキングには、ウレタン系のシリコン系のコーキングがあります。

隙間の充填などに使用する場合には、シリコン系のコーキングを使用します。

しかし塗り替えなどを行う際には、隙間の充填にもウレタン系のコーキングを使用することが一般的ですね。

塗り替え現場では変性シリコンコーキングを使っていますよ。

通常のシリコンコーキングでは、塗料が乗らないので注意してくださいね。

しかしコーキング自体の耐久性はあまり高くありません。

最近では耐久性の高いネオウレタンコーキングを採用するケースも増えていますよ。
 
下地調整についてはこちら→コーキングについて
 

★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る