現場レポート

宇都宮市 外壁塗装工事 下塗り T様邸

2021.8.8

今回は、先日から施工させていただいているT様邸の報告と本日行った施工についてご紹介させていただきます。

 

今回行うのは、T様邸の外壁塗装工事です。

築13年のT様邸は今回塗装工事を行うの初めてだということで、

先ずは点検と補修したほうが良い箇所などを説明させていただきました。

屋根・外壁塗装部分はともに経年による劣化が見られましたが、外壁の方がより修繕の必要があるとの判断を致しました。

T様のご要望としては、普段目にする外壁のみ今回はお願いしたいとのことでしたので、そのように進めていきます。

今回行うのは、外壁の塗装、付帯部の塗装、コーキング補修が主な工程です。

 

既に、高圧洗浄は終えていて、コーキングの補修も完了しています。

コーキングの補修は打ち替え工法を行いました。

古いコーキングを取り外して、全て新しいコーキングに交換する工法です。

 

外壁の塗装はかならず高圧洗浄を行ってから行います。

外壁に付着した汚れやカビを残したままでは塗料が上手く吸着しませんので、大変重要な工程です。

下塗りは塗装の肝となる部分で、下塗りが塗料全体の耐用年数に直結します。

塗りムラが発生しないよう、隅々まで行いました。

 

以上で本日の記事は終わりです。

当社は無料でご相談・建物の点検を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

“N”

お問い合わせ

 

 

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る