現場レポート

栃木県佐野市 屋根・外壁塗装工事 付帯部 雨樋の塗装

2021.10.27

雨樋の塗装の画像

 

栃木県佐野市の屋根・外壁塗装工事の現場にて付帯部・雨樋の塗装を行いました。

こちらのお家の雨樋は塩ビ製のものが取り付けられていました。

塩ビ製の雨樋は住宅に多く採用されている一般的な雨樋です。

 

強度があり耐久性に優れていますが、樹脂の特性上、太陽の紫外線でだんだん色褪せてきます。

雨樋もアクセントになりますので、外壁塗装のときは一緒に塗装してあげましょう。

それでは雨樋の塗装作業をご紹介していきます!

 

【雨樋の塗装の手順】

雨樋の塗装の画像

 

雨樋の塗装は以下の手順で進みます。

 

1:下地処理ケレン

2:下塗り

3:上塗り

 

雨樋の塗装は塗装の密着性に問題がなければ下塗り剤を使わずに、仕上げ剤で塗装していきます。

劣化が進んでいると塗装が密着しにくいため、この場合はシーラーの塗布が必要です。

塗装方法は建物の状態に合わせて行うことが大切です。

そのためにも工事前に建物の状態を細かくチェックして適切な工事プランを立てていくことが大事です。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

【塩ビ製の雨樋は塗装前に補修を行いましょう】

雨樋の塗装の画像

 

雨樋は風雨にさらされていますので、年数が経っていると破損してしまっていることがあります。

部材の破損は水漏れや風に飛ばされてしまう原因となってしまいますので、被害が出ないうちに補修しておくことをお勧めします。

 

雨樋からの水漏れは軒樋の接続部から起きやすいです。

水漏れすると地面にはねた泥が外壁を汚してしまい、見栄えを悪くしてしまったり、劣化を早めたりしてしまいます。

雨樋も建物の大切な部材ですので、問題が出ないようにしっかりメンテナンスしておきましょう!

 

雨樋についてはこちらの「雨樋修理」をご覧ください。

 

【自然災害による損傷は火災保険が使えることも】

自然災害で雨樋が破損した場合、火災保険を使って修理できることがあります。

雨樋は強風に煽られて外れてしまう被害が起きていますので、もし台風などで破損してしまったら保険が使えないか確認をとってみましょう。

 

注意しなければいけないのが、必ずしも保険で修理できるというわけではないことです。

火災保険には補償対象があり、経年劣化による損傷は補償対象外となります。

痛んでいる状態をそのままにしてメンテナンスをせずに壊れてしまった場合は火災保険が使えない可能性がありますので、痛んでいる雨樋はそのままにせずにちゃんとメンテナンスをしておきましょう。

 

火災保険については「火災保険・地震保険の利用」でお伝えしておりますので、良ければこちらもご覧になってください。

 

“mu”

 

栃木県上三川町、宇都宮市、下野市、真岡市、小山市、古河市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホーム・ビューティーへお気軽にご相談ください。

 

栃木県宇都宮市の外壁塗装・屋根塗装専門店 (株)ホーム・ビューティー

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る