現場レポート

宇都宮市 屋根塗装 上塗り工事 スレート屋根 無料見積もり

2019.8.19

宇都宮市にて屋根塗装の上塗り工事を行ってきました。

 

カラーベストやコロニアルと言われるスレート屋根の場合には屋根の頂上に当たる部分に棟板金が設置されていますし、切妻屋根の場合にはケラバにも板金が施工されています。

 

スレート屋根の上塗り工事ではこの板金部分も一緒に塗装することがよくありますが塗装前の下地調整や下塗り工事で使用する塗料は違うものを使用しています。

 

スレート屋根の下地調整ではひび割れやクラックの補修に加えて縁切り作業なども行っていますが板金部分の下地調整は錆びのケレン作業や釘の打ち直しなどを行っています。

 

板金部分を固定している釘は下地の木材に効いている必要がありますが経年劣化によって下地の木材が傷んでしまっていると釘の効きも悪くなってしまいます。

 

木材が収縮を繰り返すことで釘が浮いてきてしまったり抜けてしまうこともよくあります。

 

釘が抜けてしまった状態を放置しておくと釘穴から雨水が入り込んでしまうことでさらに木材の劣化が進んでしまいますね。

 

板金の下地の劣化は屋根の大掛かりな修繕作業に繋がってしまう可能性が高いので避けなけらば行けません。

 

最終的な仕上がりは同じ様に見えても下地調整や下塗り工事など見えないところこそ状態に合わせた処置が必要になりますね。

 

★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る