現場レポート

栃木県鹿沼市 外壁塗装 仮設足場 飛散防止ネット 無料見積もり

2020.1.29

栃木県鹿沼市にて外壁塗装の仮設足場工事を行ってきました。
 
外壁塗装を始めるには必ず仮設足場の組み立てが欠かせません。
 
そのためには大型トラックを家の前まで入れて、資材を運ぶ必要があります。
 
大量の足場資材の積み下ろしにも、注意が必要です。
 
工事前の周辺への方への挨拶でしっかりと説明をして協力してもらうことも大事になります。
 
塗り替えを行う際には、くさび式足場を使用することがよくあります。
 
金属で出来た足場を組み立てる際には、ハンマーで叩いて作業をするので大きな音が出てしまいます。
 
作業者同士で話す声も大きくなってしまうので、作業中は特に配慮が必要になりますね。
 
仮設足場の工事では、作業をしているだけでも大きな音が出てしまうことが良くありますね。
 
仮設足場の組み立てと同時に、建物全体をネットで囲ってしまう飛散防止ネット張も行っています。
 
建物のまわりをぐるっと飛散防止ネットを施工することで、塗装作業中の塗料の飛散や道具の落下を防ぐことにも繋がります。
 
台風などの災害が接近している場合には、飛散防止ネットを外すか畳むなどの対応を求められます。
 
仮設足場が組まれている間は、2階に登ってしまうことができるので特に施錠に関しての意識をお願いすることが大事ですね。
 
1日でも早く仮設足場を解体できるように、作業を効率的に進めることも大事ですね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る